Homeレボトレの流れ

レボトレの流れ

-1- 身体調整・ストレッチ10分

身体調整・ストレッチ10分

歪みや違和感がある状態でのトレーニングは逆効果になりかねません。
18年以上の施術経験を持つ武富がより快適なトレーニングをしていただくために万全の体制をとらせてもらいます!

トレーニング前の身体のバランス調整やストレッチは怪我のリスクを減らし、無理のないトレーニングをより充実させます。

 

-2- レボトレ60分

レボトレ

約40種類のトレーニング方法より、各々の目的や身体の歪みなどの状態に合わせて組合せます。

※マシン、バーベル・ダンベルトレーニング

大きな筋肉群を左右差や歪みに応じて鍛えます。
また、従来の曲げる伸ばすだけのトレーニングではなく、ひねりながら行います。
ひねることにより、周辺の筋肉群にまんべんなく効いて、関節にも優しいトレーニングです。
また、ひねる動作なので高重量では行えず、低負荷にてのトレーニングになります。
低負荷なので、ケガへの安全性も高く、未経験者のかたでも安心して受けて頂けます(^^)

※体幹・コアトレーニング

別名、インナーマッスルや姿勢保持筋。
従来や他ではフォームを教えて、キープや回数を重ねて行うのでしょうが、我々は『身体を整え、痛みや違和感を取るプロ』です。
文字通り、姿勢を保つ筋肉でして、人の身体は解剖学に書かれているように均等になってはおらず、もちろん歪みます。
その姿勢保持筋が歪めば、身体がどうなるかは容易に御理解出来るかと思います。
違う次元でやらせてもらいます(^^)

※スピード・アライアンストレーニング

レボトレにて使用した筋肉をより競技に使えるようにラダー、ステップ、メディスンボール、チューブ、重いバットなどを活用します。
競技に適したスピードを得たいアスリート向けのトレーニングになります。
アスリート対象ではありますが、ゴルフの飛距離アップなどやりたい方々はご気軽に受けてみてください。

 

-3- 筋肉緩和10分

リラクゼーション

実はrevoの自慢のひとつ。

レボトレにて鍛えた部位を中心に、次の日に疲れが残らぬようにホグしたり、ストレッチをします。
筋肉は使いっぱなしでは「疲れ」てしまい、せっかくのトレーニングが不快ストレスに変わることも。
整体に精通した我々だからこそ、じっくり丁寧に、手で優しく、ほぐさせていただきます!

初めてトレーニングした方でも後日
「筋肉痛が無かった」
と喜んでいただいております(^^)

ちなみに武富自身がトレーニングを受けて、時間の都合上、施術を受けなかった後日は
軽い強度にも関わらず、筋肉痛が続きました・・・(>_<)



Copyright© 武富ゆうすけの[スタイルズ レボ フィット](Styles revo fit) 公式HP All Rights Reserved.